所沢・狭山・さいたま市エリアの訪問介護・看護トータルサービス

ロコモ④

まだまだ寒いですけど、春が待ち遠しいです。でも花粉は嫌です。

リハビリトレーニングセンターの川添です。

前回は筋力低下について、お話しましたが、その中でいわゆる生理的な老化現象である「サルコペニア」についてお話します。

「サルコペニア」とは最近マスコミでも出てくる言葉で「サルコ」とは筋肉、「ペニア」は減少を表します。狭義の意味では老化による筋肉量低下ですが、広義の意味では活動量低下②低栄養②疾患によって筋肉量の低下がすることがあります。(二次性サルコペニア)

サルコペニア_02

生理的なものいわゆる『老化』については遺伝子レベルの問題で様々な諸説があるののが現状です。二次性サルコペニアで意外と見落としがちなのは、②の低栄養による筋肉量の低下です。私共の施設でも取り組めてないですが、低栄養の状態で筋トレをすると筋肉が痩せてきます。低栄養を補うため筋肉の中にあるタンパク質が分解されてしまうからです。よかろうと思ってやるリハビリがかえって、悪循環を招いてしまします。これは恐ろしいことです。

高齢者のアセスメントに栄養項目もしっかりと

いれないといけませんね!