所沢・狭山・さいたま市エリアの訪問介護・看護トータルサービス

四十肩のセルフリハビリ!

こんにちは。訪問看護リハビリステーションケア・リンクの理学療法士の川添です。

今回、四十肩の症状の職員がいたので改善を試みました。

 

まず、右上肢を外に挙げると痛みがあるそうです!

手が挙がらない症状は肩甲骨の動きが悪くなっていることが

原因が多くあります。まず、肩甲骨と上腕骨(腕の骨)を

繋いでいる筋肉をほぐすことをやってみます。

 

・脇の下ほぐし①(前)写真左

脇の奥に指を入れ、前の筋肉(胸筋)をつかみます。

そして、痛めている側の手で肩を触りながら、

肘を前回し・後ろ回しにそれぞれ10回行います。

※肘を大きく円をかくようにするのが、ポイントです!

・脇の下ほぐし②(後ろ)写真右

次に今度は後ろの筋肉(広背筋など)を掴み、

前の方法と同様に前まわし、後ろ回しをそれぞれ10回行います。

 

そして、結果は、痛みなく手が挙がるように!!!

先にも書きましたが、肩の症状は肩甲骨と上腕骨の関係が

破綻していることで機能障害が起きていることが主です。

痛み自身は肩の上や首にあることがありますが、

原因は脇の下の周りの筋肉が多いことがわかります。

 

皆さんも肩の痛みがあるときに試しにセルフリハビリを

やってみてください!!!