所沢・狭山・さいたま市エリアの訪問介護・看護トータルサービス

介護保険について

介護保険とは

介護保険制度は、介護を必要とする高齢者を、家族だけでなく、社会全体で支えるために創設されました。介護が必要になっても、できる限り住み慣れた自宅で自立した生活が送れるように、必要な福祉サービス、医療サービスを総合的に受けられる仕組みを目指しています。

介護保険は、支え合いの考えに基づき共同で保険料を負担し、介護が必要になった方々に、介護サービスを提供する仕組みです。原則として40歳以上の方が加入します。なお、全体の運営費の半分はこの加入者の保険料で、残りの半分は公費(国、都道府県、市町村)から賄われています。

心身の機能低下等により、日常生活に支障が出たり、そのおそれを感じたら、市町村に介護サービスの利用を申し出ます。市町村は調査員を派遣し、介護度の認定を行います。「要介護1~5」の認定を受けた方は「居宅介護支援事業所(ケアプランセンターなど)」に、「要支援1~2」の認定を受けた方は「地域包括支援センター」に、「ケアプラン(介護サービス計画)」の作成を依頼し、介護サービスを利用することができます。

介護サービスを受ける際のサービス支給限度額は、要介護度に応じて設定され、それぞれの要介護度に応じて、介護保険で利用出来る1ヶ月の支給限度額が決められています。

「要介護」「要支援」とは

市町村の窓口や福祉事務所に介護保険の申請を行うと、調査員がご自宅を訪問し、心身の状態(着替えは一人でできるか、食事は、入浴は、歩行は、排泄は・・・)について、多項目にわたる調査が行われます。

必要な介護の度合いによって「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階(下記参照)に認定されます。要介護度、要支援度によって、介護サービスへ支払われる保険の限度額が決まります。

要支援度

要支援1
日常生活はほぼ自分で出来るが、現状を改善し、要介護状態予防のために少し支援が必要。
要支援2
日常生活に支援が必要だが、それにより要介護に至らず、改善する可能性が高い。

要介護度

要介護1
立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的介助が必要。
要介護2
立ち上がりや歩行などが自力では困難。排泄・入浴などに一部または全介助が必要。
要介護3
立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱など全面的な介助が必要。
要介護4
日常生活能力の低下がみられ、排泄・入浴・衣服の着脱など全般に全面的な介助が必要。
要介護5
日常生活全般について全面的な介助が必要。意志の伝達も困難。

介護保険支給限度額と自己負担額

要支援認定者

ランク 1ヶ月あたりの支給限度額 本人負担(原則1割)
要支援1 49,700円 4,970円
要支援2 104,000円 10,400円

要介護認定者

ランク 1ヶ月あたりの支給限度額 本人負担(原則1割)
要介護1 165,800円 16,580円
要介護2 194,800円 19,480円
要介護3 267,500円 26,750円
要介護4 306,000円 30,600円
要介護5 358,300円 35,830円

標準的な額のため、地域区分により異なる場合があります。

介護保険で受けられるサービス

訪問看護
病気や障がいを持った方が、住み慣れた自宅でその人らしい療養生活が送れるように、看護師等が自宅を訪問し、医療的処置を提供します。
訪問リハビリテーション
理学療法士、作業療法士、看護師等が、ご利用者様の自宅を訪問して、リハビリテーションを行います。
訪問介護 (ホームヘルプサービス)
介護士(ホームヘルパー)が、ご利用者様の自宅を訪問して、入浴、排泄、食事の介護を行なったり、その他、生活全般の支援を行います。
訪問入浴介護
介護士と看護師が、移動入浴車などでご利用者様の自宅を訪問して、浴槽を提供して入浴の介護を行います。
居宅療養管理指導
通院が困難なご利用者様に対して、医師、歯科医師、薬剤師などが、ご利用者様の自宅を訪問して、心身の状態や環境等を把握し、療養上の管理や指導を行います。
通所リハビリテーション (デイケアサービス)
サービス事業所、介護老人保健施設、病院などに通い、理学療法士、作業療法士といった専門職等から指導を受け、リハビリテーションや介護予防運動などを行います。
通所介護 (デイサービス)
サービス事業所に通い、入浴、排泄、食事等の介護や機能訓練などのサービスが受けられます
短期入所生活介護 (ショートステイ)
ご利用者様が施設に短期間(1日~31日以下)宿泊し、入浴、排泄、食事等の介護を受けたり、その他の日常生活上のサポートや機能訓練が受けられるサービスです。ご家族様が用事で、自宅で介護ができない場合などに利用されます。
短期入所療養介護 (ショートステイ)
ご利用者様が、短時間、施設に入所し、介護や機能訓練、その他必要な医療を受けたり、日常生活上の支援をしてもらうサービスです。
認知症対応型通所介護 (デイケアホーム)
要介護(要支援1、2を含む)で認知症の方が、老人ホームや民間の施設などに日帰りで通い、入浴、排泄、食事等の日常生活上の支援、機能訓練などが受けられる介護サービスです。認知症の方専用の通所介護(デイサービス)です。
認知症対応型共同生活介護 (グループホーム)
要介護(要支援2を含む)で認知症の方が、9人以下の少人数で共同生活を送り、入浴、排泄、食事等の日常生活上の支援、機能訓練などが受けられる介護サービスです。共同生活を送ることで、認知症の進行が遅くなったり、改善されることが期待されています。
特定施設入所者生活介護
老人ホーム(有料老人ホーム、養護老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅など)に入居している要介護の方に対して、入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活の支援、療養上の支援、機能訓練などのサービスを提供します。
福祉用具レンタル/購入

日常生活の便宜を図るための福祉用具や、機能訓練のための福祉用具のレンタルサービスです。

  • 腰かけ便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具など

レンタルができない以下のような清潔用品等は購入となります。

  • 介護ベッド
  • 車いす
  • 歩行器
  • 床づれ予防用具
  • 認知症老人徘徊感知センサー
  • 移動用リフト
  • 手すりなど
住宅改修

自宅での移動や介護がしやすいように住宅改修を行うことができます。(要事前申請)

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消
  • 滑り防止、移動の円滑のための床・通路面の材料の変更
  • 引戸などへの扉の変更
  • 和式トイレから洋式トイレへの変更
  • その他1~5に付随する工事

介護保険サービスを利用するまでの流れ

  1. 介護・看護・リハビリが必要と判断

    市区町村から要介護もしくは要支援の認定を受けてください。なお、当社では所沢市や狭山市、さいたま市周辺で、申請代行サービスもさせていただいております。

  2. 審査・認定

    市区町村の調査員が、ご自宅や病院・施設に訪問し、ご本人様の身体機能状況等を調査します。また、市区町村が主治医に、「主治医意見書」の作成を依頼します(主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です)。

    調査結果と「主治医意見書」に基づき、介護認定審査会による 「要介護度1~5」 「要支援度1~2」 の判定と、市区町村による認定が行われます。

  3. ケアプラン(介護サービス計画)作成

    ケア・リンクのケアマネージャー(介護支援専門員)がケアプランを作成いたします。

  4. サービスのご利用

    ケアプランに基づく介護サービスを受けます。要介護度により利用できるサービス・金額に上限があります。

  5. 更新の申請

    認定には有効期限があります。引き続きサービスを利用する際は、期限切れの前に更新手続きを行います。各市区町村によって更新手続きの方法が異なりますので、ケア・リンクのケアマネージャーまでご相談ください。

ケアプランセンター ケア・リンク

住所

〒359-1111
埼玉県所沢市緑町2-14-1
YKS 新所沢ビル206

地図

電話
04-2903-8522

お問い合わせ