所沢・狭山・さいたま市エリアの訪問介護・看護トータルサービス

ケアプランセンター ケア・リンク

深澤 友美

介護のことなら何でも真心こめて対応いたします。

管理者
ケアマネージャー(介護支援専門員) 深澤 友美

介護のことは悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。ケアマネー(介護支援専門員)が真心こめて対応させていただきます。

ご利用者様やご家族様のご希望をうかがい、医療・介護・福祉と連携を取りながら、ご利用者様ができる限り自分らしい生活が続けられるよう、ケアプラン(介護サービス計画)作成などのお手伝いをさせていただきます。

(ご相談、ケアプラン作成は無料です)

お気軽にお問い合わせください

電話
04-2903-8522

こんなことでお困りではありませんか?

介護保険でのお悩み

  • 申し込みたいけど、分からない
  • どんなサービスが受けられるのか知りたい
  • サービスを使いたいけど、その方法が分からない
  • 「要介護」「要支援」の認定を受けたけど次は?

介護保険について

日常生活でのお悩み

  • つまづいて転びやすくなった
  • 家事ができなくなった
  • 認知症がある家族の介護で困っている
  • 一人暮らしで、日常生活に不安
  • ホームヘルパーはどこに頼めばいいの?
  • 体にあった福祉用具はあるの?
  • 家を改修したい

ケアプランセンターでご相談下さい

介護、看護のご相談

  • 介護や看護、介護保険全般に関するご相談をお受けしております。
  • 公正中立の立場から、介護・看護サービスを提供する事業者、サービス内容、費用等の情報を提供いたします。
  • 介護・看護サービスを利用するための手配をいたします。

要介護、要支援認定の取得、更新代行

  • 介護が必要となり、介護保険の利用を希望する場合には、「要介護」「要支援」認定の申請代行をいたします。
  • すでに認定を受けていても、状態の変化により、「要介護」「要支援」認定の変更が必要な場合には、変更申請の代行をいたします。

ケアプランの管理

  • 「要介護」「要支援」認定が受けた方に、ご利用者様・ご家族様の意思を尊重したケアプランを作成します。
  • ケアプランに基づいて適切にサービスが提供されているか、ご利用者様・ご家族様に不満はないかなどの把握に努め、その実施状況を管理いたします。そのために、原則、月1回、訪問し、面談(サービス担当者会議)を行います。さらに3ヶ月に1回、サービス実施状況の調査を行います。
  • ご利用者様・ご家族様のご希望や、必要な介護の変化に応じて、ケアプランを見直します。(ケアプランは定期的な見直しが行なわれます)
  • ご利用者様へのサービスが最適になるよう、介護・看護サービス事業者、市町村、福祉機関、医療機関、保険会社等と連携いたします。
  • 受託業務として、要介護認定の際の訪問調査(市区町村からの委託)、介護予防支援業務をいたします。

福祉用具、介護用品、住宅改修の申請代行

  • 福祉用具・介護用品等に関するご相談、申請代行をいたします
  • 住宅改修に関するご相談をお受けし、ご提案、事業者紹介、申請代行をいたします。

介護保険サービスを利用するまでの流れ

  1. 介護・看護・リハビリが必要と判断

    市区町村から要介護もしくは要支援の認定を受けてください。なお、当社では所沢市や狭山市、さいたま市周辺で、申請代行サービスもさせていただいております。

  2. 審査・認定

    市区町村の調査員が、ご自宅や病院・施設に訪問し、ご本人様の身体機能状況等を調査します。また、市区町村が主治医に、「主治医意見書」の作成を依頼します(主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です)。

    調査結果と「主治医意見書」に基づき、介護認定審査会による 「要介護度1~5」 「要支援度1~2」 の判定と、市区町村による認定が行われます。

  3. ケアプラン(介護サービス計画)作成

    ケア・リンクのケアマネージャー(介護支援専門員)がケアプランを作成いたします。

  4. サービスのご利用

    ケアプランに基づく介護サービスを受けます。要介護度により利用できるサービス・金額に上限があります。

  5. 更新の申請

    認定には有効期限があります。引き続きサービスを利用する際は、期限切れの前に更新手続きを行います。各市区町村によって更新手続きの方法が異なりますので、ケア・リンクのケアマネージャーまでご相談ください。

ケアプランセンター ケア・リンク

住所

〒359-1111
埼玉県所沢市緑町2-14-1
YKS 新所沢ビル206

地図

電話
04-2903-8522

お問い合わせ

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

要介護や要支援認定者へケアプランを考案する専門職

「要介護」や「要支援」と認定された人が、主に介護保険制度において、適切な介護サービスが受けられるように、「ケアプラン(介護サービス計画)」の作成などを行う専門職のことです。

日本の介護保険制度は、「要介護者の自己決定権の尊重」「生活の継続」「自立支援」を基本理念として創設されており、ケアマネージャーは、こうした理念を踏まえ、ご利用者様・ご家族様の立場に立った質の高い介護サービスを実現するために、以下の業務を通じて適切なケアマネジメントを実践しております。

  • 「介護」「看護」「リハビリ」に関するご相談
  • 「要介護」「要支援」認定の申請代行、変更申請代行
  • ご利用者様・ご家族様のご要望に沿った「ケアプラン(介護サービス計画)」の作成
  • 介護サービス事業所への手配
  • 施設入所の手配
  • 住宅改修・福祉用具サービスの手配 など

関連サービス・関連職種との調整

介護予防の推進、ケアの継続性の確保、保健・医療・福祉の多職種協働の推進など、地域における総合的なケア体制を確立する目的で、関連サービス・関連職種との連携を図るコーディネーターとしての役割も担っています。

介護保険法によって定められた資格者

ケアマネージャーは、介護保険法によって定められた資格です。医療・保健・福祉・介護に関する職業を5年以上経験した後に、筆記試験、実務研修を経て、都道府県知事より認定を得ることができます。

ケアプラン(介護サービス計画)とは

介護の最適な方法を月別のスケジュールにしたもの

「ケアプラン」とは、介護を必要とする方(「要介護」「要支援」の認定を受けた方)が、最適な介護サービスを利用できるよう、ご利用者様・ご家族様の希望、心身の状況、生活環境、医師の意見などを考慮して、適したサービスとサービス提供事業者を定め、月毎のスケジュールにしたもので、介護サービスを利用するためには、「ケアプラン」を作成する必要があります。

ご利用者様の「要介護度」「要支援度」に応じた支給限度額の枠内で作成することにより、ご利用者様は1割負担で介護保険サービスを受けることができます。

ケアプラン作成事業者を選んで、どのようなサービスが適切なのかをケアマネージャー(介護支援専門員)と相談しないといけません。